ホストの体験

豚の貯金箱

ホストは男性の仕事の中でも、非常に高額な収入を得ることができます。
お酒を飲みに来た女性と会話を楽しむという仕事で、女性に喜んでもらえるように様々な心遣いを行います。
求人誌や求人情報サイトを見て、ホストに興味があるという場合、体験入店を行うことが可能です。
試しに体験入店を行ってから、自分に向いているかそうでないか判断することができます。
体験入店を希望する場合、まずは日程を決めることから始まります。
多くのお店がメールや電話で求人受付を行っており、面接担当者と体験入店の日程を決めていきます。
入店時に必要なものとして、顔写真のついている身分証明書が必要になります。
ホストは18歳未満の人が働くということは出来ないので、しっかりと年齢確認ができる書類が必要になります。

ホストの体験入店や、入店が決まったあとは、お店の人から店内の説明や言葉遣い、テーブルマナー等を学んでいきます。
最初はヘルプといって、先輩と一緒に席につき、会話やお酒を一緒に楽しんでいくという方法を取ることが一般的です。
先輩の接客態度を見て勉強を行うこともできます。
シャンパンコールやショータイムというものに参加することもあります。これも参加する場合には、どのように行われるのか予めレクチャーされます。
体験入店は主に3時間〜5時間程度の事が多いです。お店 によって異なるので求人情報誌や求人情報サイト等で確認を行ってください。
体験入店を行うと働いた分の賃金が支払われます。
働いていけそうだと感じた場合は、その旨伝えることでお店の方に採用されるということになります。